入浴後なにもつけずにいると何となくカサカサ

元々かなりの色白、そばかす、乾燥肌だったわたくし。30年代を過ぎ、分娩を積み増し養育にせわしない日毎。ずぼらなお利便が祟り、なんとなく鏡をみるとあれれ?こんなにも毛孔開いていたっけ?これ程たるんでいたっけ?かなりの驚愕をうけました。
これははじめてしなくては。やっぱり年齢を重ねると常に高級なスキンケアが仕事かと、直ちにスマホでサーチ、サーチ。そうなると「スキン断食」「美貌断食」「スキンケアを諦める」など、ずぼらなわたくしにぴったりな表現を認知。たくさんの図書があるんですね。全然知らなかっただ。明日さっそく書店へ。
スキンケアをしないなんて至極敵対がありました。合わない場合もあるだろうし、しわだらけのおばあちゃんもののスキンとしていかんせん。但し最近の自分のお手入れを考えてみると、何もしていないのと一緒感じだと気づき、初めてみることにしました。
初日、入浴後なにもつけずにいると何となくカサカサでつい少しヒリヒリってひきつるような様子。これで丸ごとしわが目立ちたらいかんせんという不安もありましたが、丸ごと熟睡。
朝方になると、案外断然カサカサも感じずスキンはサラサラという様子。
二日視線、三日視線って入浴後は乾燥するものの、朝方になるとサラサラ。うーん、思ったよりいい感じ?メーキャップのりも明らかに良くなりました。
取り敢えず大きなトラブルはないようなので専ら継続することに。

そうしてゼロか月後、誠に右手頬にあった大きなシミがかさぶたのようになっているのを認知!これはまさか…。
次の日からかさぶたはほんのりづつ剥がれていきました。それからはかさぶたができてはめくれの繰り返し。

そうして近頃、美貌断食は四ヶ月視線だ。大きなシミは些かづつ小さく小さくなってきました。これは一番美貌断食のおかげです。
けれども他もシミは僅か濃くなったような。それともほかのシミも、次右手頬のシミのようにかさぶたのようにのぼるのだろうか。それでもまだメーキャップのりはいいようです。
取り敢えず、マキシマム気になっていた大きなシミが少なくなっただけでも反響には満足しているので、それほど大きな見越しはせず続けて行きたいと思います。マクサルト