やってみたら5kmほどは走れます

何年か前にNHKで手遅れランニングという、きちんと聞いたことのないランニング作戦を
特集していました。ランニングイコール、颯爽と走るという先入観があったので、
こういうTVを見て度肝を抜かれました。最初はあるくから遅くても嬉しいというランニングなのです。

疲れたら散策に切り替えても良いのです。
それをゆったりあるく速さに、あるくからまだまだ手早くと、すこしづつ足どりをあげていきます。
といっても、通常のランニングから遅くていいのです。試しにやってみました。

小学生の時のマラソンフェスティバルでは下位でしたし、40年代以来走ったことは有りません。
けど、やってみたら5kmほどは走れます。

5km歩ける人類なら5kmランニング出来るのが手遅れランニングなのです。
手遅れランニングで大切なことは、出来る限り連日やる事。
ひょっとしたら、これはGET見込めるかもしれないと思ったのです。

ミッシリ、おなかが気持ちに成っていたので見聞をとることにしました。
ほぼ連日、7-8kmを1回、走ります。10日光で1kgの
減量していました。ごはんはご飯をお替り止める事だけです。

惣菜ユニットは通常のとおりですから、ダイエットをしているという気持ちにもなりません。
次の10日光で又1kg減量することが出来ました。
詰まり10日光で1kgのシェイプアップが出来るということになります。

じつは3隔たりやせるという次の10日間は滅多に体重が減ることはありません。
但し、次の10日光では正しく1kgシェイプアップ出来ています。

不思議な事に3kg痩せて10日間はシェイプアップがとまり、6kmも、9kmもおんなじことが起きましたが、次の10日間では充分1kgシェイプアップできています。

他のダイエットは判りませんが、手遅れランニングではおなかから脂肪が消えていきます。
3か月ほど手遅れランニングを通じておなかのでっぱりは断じて無くなりました。

何故か面持ちの頬の肉も落ちて来たので、ここでいったんダイエットは停止。
ご飯のお替りも自由にし、手遅れランニングを一年中おきくらいに切り落としながら、
現状の体躯を保っています。スピロノラクトン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です